絵の裏のこと:過去日記

    最近のインタビュー?それともラジオの中だったか…大野さんが、怪物くんの絵を描いているお話をしていました。
    表から描いている絵に、裏からも描いているとか。怪物くんの魂を表す…だったか。そんなお話。

    今回「ミラクルワールド」のナビ番組を見ていて、それを思い出しました。
    大野さんが描いている水彩って…どんなだろう。
    日本画のさまざまな技法に直接ふれた事が、大野さんに水彩を選ばせているんでしょうか。

    もうひとりの自分と会話しながら、絵を進めているって。
    …でも、それはただ自分?
    もしかして、いつかそれは敬愛する江戸の絵師なのでは?

    寝食忘れて描くことに没頭するけど、決して破滅型ではない。
    市井の暮らしも豊かに過ごして、人望も厚い。
    そういう絵師は、やっぱり大野さんに近く思える。

    ……だめだ~。
    こういう事を考えるほど、頭の芯がクラクラする。
    大野さん、江戸まで行ってしまう;;
    外国へ旅に出ちゃうとか、絵の世界に進んじゃうとか、それどころじゃなくなっちゃう;;

    もう~~っっ。
    私は踊りと歌で大野さんに墜ちただけだったはずなのに。
    なんで、こうなっているんだろう???
    「喪失感」がもれなくついてくるアイドルって、一体なに!!?
    (←キレ気味)

    *  *  *  *  *

    すみません。
    こういうテンションのブログって、我ながらドン引きだ;;
    でも、自分の心の安定のために、やはり必要不可欠。

    *  *  *  *  *

    ユニセフで4月5日まで、支援物資として絵本・児童書を受け付けていると聞き、ながらく保管してあった本をついに処分しました。
    どの本も、本当にお世話になった。
    向こうで、どなたかが手に取ってくれると嬉しい。



    テーマ : 大野智
    ジャンル : アイドル・芸能

    カレンダー

    02 | 2011/03 | 04
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    プロフィール

    村崎

    Author:村崎
    こちらは、大野智さん溺愛ブログとなっています。

    管理人は兼業主婦暦26年。
    2010年5月、ライブDVDと某管のダンス映像を入り口に、突然大野智さんの深みにはまりました。
    嵐暦6年の初心者です。

    北の地で4人家族ですが、長男が独立して、亭主は単身赴任中。
    大学生の娘は小学校の頃から、二宮君ひとすじ。
    娘は2008年、私は2010年に嵐コンサートを初体験しました。

    最新記事

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    カテゴリ分類作業、続行中です。

    最新コメント

    QRコードはこちら♪

    QR