膨らみ過ぎてイタい…;;プラスアクト

    ようやく購入しました、プラスアクト。

    店頭で購入するのに、これほど時間がかかった事もないです。
    TUTAYAの入り口から平台にマンガ、その並びにテレビ誌、アイドル誌、芸能雑誌…ってラインですが…。表紙を探しながらゆっくり歩いて、なぜか3箇所に散らばってる松本君表紙の別冊を確認し、「もしや、まだ未入荷?」と不思議なことに少し安堵したところへ、突然の大野さん。

    半径1メートル内に近づけないまま、数秒(笑)平台に6冊と確認して、そのままCDのコーナーへ(←阿呆)
    だって、近づけなかったんだもん;;;
    先日急逝したワインハウスさんのCDをちょこっと試聴して、気を落ち着けること1曲分。
    (余談になりますが、この歌手の事、亡くなって初めて知ったんです。グラミー賞の事もしらなかった。だけど、歌声聴いて仰天したんですよね~~…。だって、世紀をまたいでエラ・フィッツジェラルドの歌声を聴いたような気がした。日本でいうなら美空ひばりの歌声を持つ人が、美空ひばりスピリッツのままヒット曲を出している、って感じじゃないですか。すごい事だと思うの。CD買っちゃおうかなあ。)

    で、売り場に戻ってみたら、なんと2冊減ってるの!!!!
    やばい、って思って1冊つかみ、テレビジョンもひっつかみ、すたこらレジへ。
    念のため聞いたら、ちゃんと予約もしてあって2冊買ってきました。

    家に連れ帰っても、しばらく表紙を開けずうろうろ。
    この表紙、カメラから視線を逸らした大野さんで、大正解だったかも。このくらいでちょうど耐えられる限界、かも。「ページ、開いてもいいよ」って言ってもらってる気がするの(笑)
    こちらを凝視していたら、少々やばかったかもね。こわくて表紙めくれない;

    お言葉に甘えてページを開かせてもらって、息を呑むこと毎ページ。あちこちのブログで大騒ぎになっているのが、よくわかる。皆様が卒倒しかけたグラビア2枚目なんて…こんな大野さんって、めったに拝めない。どういうスイッチの入り加減かと思ったら、キーワードが「黒猫イメージ」って事だったんですね~…。なるほど、納得。
    ちょうど先日読んだばかりの嵐5人の対談で、松本君が「なにか、1本乗っかればね」って大野さんの事を表現していた。それが、こういうことなのね…。大野さんのスイッチの入れ方を知っている、今回のカメラマンさん。一体何者なのでしょう♪♪

    ふふふ。
    ちょっと笑ったのが、大野さんのムラ焼け。先日の「ひみつの嵐ちゃん」でもTシャツの襟の中が真っ白で、首が真っ黒で、おかしかったけど。グラビアの撮影、このあたりだったのかなあ。足の甲だって、サンダルのあとがくっきり、じゃないですか????

    衣装さん、メイクさんが「おーまいがっ」って顔したんじゃないだろうか(笑)
    「大野君、それ、ひどいですね」って。
    大野さん、くふふって笑って「ひどいよね。エリがつまったの、ないかな?」って。
    でも、衣装さん「京介さん、イメージあるみたいなんですよね。」って。
    メイクさん「なんとか、ごまかせないかやってみましょうか」って。
    そんなやりとりが、あったら楽しいかも♪♪
    で、撮影のカメラマンさんも急を聞いてかけつけて「あ~…;」みたいな(笑)
    横で、マネージャーさん、平謝り。
    みんなに「あ~…」とか、言われながらくふふ、って笑う大野さんがいたら、楽しいかも♪
    ねえ??

    でも、さすがにプロのお仕事って感じで、日焼けを上手く陰影の中にぼかしこんじゃって、
    美しい仕上がりですね♪♪

     *    *    *

    さて、その美麗グラビアですが。
    …。
    先日まで、北海道で松本君のドラマ「きみはペット」をやっていたでしょう?
    今回の写真を見て、そのことが頭に浮かびました。
    もうひとつ、浮かんだのは(またしても)萩尾望都氏の名作「メッシュ」シリーズ。
    この大野さんは、「ぺっと」じゃないな。どちらかというと、「メッシュ」のイメージ。


         *
    飼われていないけど、時折ふらっと現れてはわがもの顔の黒い猫。
         *
    そうなの。こんな感じ。

         *
    部屋の主が留守中に入り込んで、ソファで昼寝している黒い猫。
    怒られる理由がわからない黒い猫。
    人間が怒ると表情がおもしろいと思う黒い猫。
        *
    時々、マルシェのおかみさんに、魚をもらえる黒い猫。
    外で、恋をする黒い猫。この週は1勝3敗1分け(引き分けってなんだろう・笑)。
    3階窓辺の美猫を見上げているうちに、熟女猫に挑まれそうになる黒い猫。
    目の敵にされてるデカいオス猫がいて、追っかけられたりする黒い猫。
    細い体しか通り抜けられない、逃げ道を知っている黒い猫。
    でも、時々しくじっては、命からがらな黒い猫。
    石畳ですずめに八つ当たりしてみる黒い猫。
    時々、甘やかされたくなる黒い猫。
        *

    白いソファの寝心地がお気に入りで、持ち主を追い出して平気な黒い猫。
    ここのミルクは、ローファットで嫌いな黒い猫。
    雨の日は、抱いてもらいたがる黒い猫。
        *
    霧の日は、耳の後ろをあやしてもらいたがる黒い猫。
        *
    晴れの日は、とりつくしまのない黒い猫。

        *
    広場の鳩と子供が嫌いな黒い猫。
    裏通りの家の前で、ひとりきりの子供とは遊ぶ黒い猫。
    石畳の上に、子どもが描く絵に興味津々な黒い猫。
    病気持ちだけどシブい歌声の年寄りと、いっしょに日向ぼっこをする黒い猫。
    年寄りがくれる濃くて甘いミルクが好きな黒い猫。
    年寄りの窓が閉まっていて、枯れたプランターの花でくしゃみが出た黒い猫。

        *

    もう、年寄りの顔を思い出せない黒い猫。

        *


    部屋の窓が閉め切りだと居心地悪い黒い猫。
    スリッパの生地をぼろぼろにして、部屋中逃げ回る黒い猫。
    釣竿を振り上げて仁王立ちの部屋の主が、打たない事を知っている黒い猫。
    なぜか、夜は上等なマグロにありつく黒い猫。
    ま、いっか。…と思う黒い猫(なに!!??)
        *
    でも、やっぱり部屋の窓を開けてほしい黒い猫。
    虫がついて縮れた葉の模様がおもしろいと思う黒い猫。
    バッタを追いかけて、足が濡れても楽しい黒い猫。
    破れた柵の向こう側に見える景色が好きな黒い猫。
        *
    呼ぼうにも、名前なんかついていない黒い猫。

        *

    振り返りもしない、黒い猫。


        *


    こんな感じ。いろいろかき立てられるわ…膨らみすぎてて、自分で痛い;;;



    そうそう。びっくり。
    市内の書店で、お友達の分も新曲予約しようと思ったら「人気商品のため、ご本人様分しか予約できません」って…いわれました。初めてだわ。こんなこと。

    テーマ : 大野智
    ジャンル : アイドル・芸能

    カレンダー

    08 | 2011/09 | 10
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    プロフィール

    村崎

    Author:村崎
    こちらは、大野智さん溺愛ブログとなっています。

    管理人は兼業主婦暦26年。
    2010年5月、ライブDVDと某管のダンス映像を入り口に、突然大野智さんの深みにはまりました。
    嵐暦6年の初心者です。

    北の地で4人家族ですが、長男が独立して、亭主は単身赴任中。
    大学生の娘は小学校の頃から、二宮君ひとすじ。
    娘は2008年、私は2010年に嵐コンサートを初体験しました。

    最新記事

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    カテゴリ分類作業、続行中です。

    最新コメント

    QRコードはこちら♪

    QR