お誕生日前夜祭から映画の事。

    お誕生日も、大野さんは「がっつり仕事」っておっしゃっていたけど…少しは休めたのかなあ。
    映画の滑り出しも好調なようで、私たちファンもがんばったんだよね♪

    いろいろダウンで(苦笑)エントリーが開いてしまいましたが、大野さんお誕生日おめでとうございます。
    去年のNY行きも素晴らしいことだったけど。
    今年、日付が変わった瞬間の大野さんを、全国のファンが見守っておめでとうを言ったの。大野さん、わかってくれている???
    ファンみんなが幸せだと思ったお誕生日、そんな風に大野さんの記憶に残ってくれたら、それもまた嬉しいことです。

     *

    普段、身近に大野さんファンがいなくて寂しいんですけど、今回は思い切って札幌を離れ、とあるブロガーさんがお住まいの地をお訪ねしました。ブログを通してお近づきになれたのですが、今年のライブの時、直接ご挨拶する機会もあり、娘がお世話になったり、で。
    初めてという感じがしないの♪♪
    そうなんですね。ブログを拝見していると、文章を通してお人柄にも触れるし。
    道中、JRの人身事故でダイヤが混乱したり、ドキドキしましたが。向こうについたら、もう~~~何から何までお世話になって、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。
    なにもかも素敵だったの。

     *

    25日金曜日の夜、向こうに到着したら、駅に迎えに来てくださってて。
    居酒屋さんでミニ智会…の予定だったのですが…。
    日付が変わる時間帯に、大野さんがZEROにご出演だったでしょ。
    なんとワタシ、そのブロガーさんのお宅にお邪魔してしまいました。で、TVの大野さんを前に、用意してくださったケーキとワインでお祝……なんだか、夢のようでした。
    この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。
    ご挨拶にもうかがうわ~~(←押しかけ)

     *

    一夜明けて晴天。
    映画は…大野さんのお勧めどおり、2D3Dの順に。
    2Dは手前の小さめのホール。3Dは一番奥の大きなホールで、その時すでに上映中。長い廊下の左側に誘導用の通路がこしらえてあって、ああ、きっと混んでいるのね、そうなのね。と思いつつ2Dへ。
    ここがね、意外と人が少なくて、ドキドキした~~;;;4割も入っていたかな??
    やはり二者択一ということでしょうか。家族で見たら、やはり大きい金額です。

     *

    などという雑念のあれこれは、映画が始まるとどこかへ。たっぷり楽しんで、最後にMonsterが流れたときは、隣の智友さんにリードされて、思わず拍手♪♪うん。本当に楽しかった。

    なんだか胸がいっぱいで(←乙女状態)軽くおそばを食べて、続けて3Dに。

     *

    やはりこちらのほうが断然入りがよくて、…8割くらい?子どもが賑やかなのが、やはり嬉しいわ♪
    3Dそのものが初体験だったので、思わず「おおお~」って(恥)
    イントロに煙の演出が出てきましたが、客席の中段あたりに煙が漂っているように見えるの。びっくりしてしまった。大画面で、どんなに眼が疲れるか心配だったけど、3Dの飛び出し具合も(そんなのがあるのか?)ほどよく収まっていて、年長組にも優しい出来栄えでした♪♪

    大野さんは…大野さんは…大野さんは…。
    本当に素晴らしかった…。
    怪物くんの密度は、実は先日のスペシャルの方が濃かったかも、と思う。舞台が大がかりになった分、怪物くん以外の流れもたくさんあるから。

    だけど、やっぱりすべてが怪物くんだった~~。
    監督さんが、これまでの取材で触れていた、カー王子との「再会」シーンとか、「プリンス」宣言の場面とか。腹にこたえて、泣けてしょうがなかったわ。
    王子様は、相変わらず短気で気まぐれだけど。
    自分があの世界の後継者だって、破天荒な中にも自覚がある。…それでも逃げちゃうんだけどさ。そこかしこに王子様の成長が伺えて、もう我が子のよう(笑)

    クライマックスには腕が伸びたり、火を噴いたりの特殊効果が付き物だけど。
    CGなし、王子100%で素晴らしいと思ったのは、…あの「かえる跳び」のシーンと、姫君へ腕を伸ばす直前のタメの後姿。
    「カエル跳び」は映画誌で撮影の様子がレポされていたけれど、ほんとに凄かった。あまりにも鮮やかで、当たり前のように見えちゃうの;;あんなにサラリと流していいの?と思っちゃった。よくある戦隊モノのジャンプシーンみたいに、アングル変えて3回くらいリピしてほしかったな(笑)あの程度で3回だったら、大野さんのかえる跳び、30回は見せてもらわないと割が合わないと思うのよ。

    タメの後姿は…後姿は…パンフレットにも写真が載っていたけど!!
    そのまま怪物だった!!ものすごく怖い迫力だった!あの手!あの背中!あの姿!
    あのオーラ…。
    恐ろしくて表情を想像しちゃいけないような気さえする。

    続く戦闘シーンも映画ならではの迫力でした。
    手足が伸びたり火を噴くくだりも…大野さん…うまい…。ちょっとした反動の加減で重量感が伝わる…。あとから、パンフレットの撮影風景を見て、なるほどと思ったけど、スピード感も、アクションもの顔負けでした。
    それに、なにより!!!!!
    なによりッッッ!!!!
    怪物だったよ~~~~阿修羅だったよ~~(感涙)あの表情~~~!!!!!
    CGもワイヤーもなにもかも吹っ飛ぶ!!
    あの表情が見られるなんて、もう感無量としか言えないわ。
    お願いッDVDッッ!!早くほしいっ!切望!!

     *

    そうそう。
    戦いが終わった直後、怪物くんの足元からカメラが動いていく、あのカット。
    あれは??
    あれは??
    西部劇?時代劇?きっと引用した作品があると思うんだけど、わからない;;


     *

    ラストの余韻も、楽しくて素敵だった。大きな月をバックにした怪物くんは、まさしくメルヘン。通過儀礼をきちんと通過したはずなのに、ちっとも変わらなくて頼りなげな口調が愛おしすぎて、見ている私の気持ちもメロメロ。そこへ思いがけない方(笑)がご登場。お供3人の反応にめちゃめちゃ共感できちゃった。懐かしいような気持ちが湧いたの。
    「長い物語だったな」と思ったんです。だけど「みんな変わらない」って思えて。
    本当にそれがうれしくて素敵だった。

     *

    そんなんで、2D3Dをはしごして、地元のおいしいビストロで夕食をいただいてから帰路に。汽車が動き出してから、突然家の事を思い出しました(笑)
    亭主と娘に急いでメールしてみたんだけど、反応なし。
    やばッっと、にわかにドキドキしたんですけど。それぞれ飲み会や、入浴中だったようで、しばらくしてメールが帰ってきて安堵しました。
    家に着いたのは、12時ちかく。
    おみやげをひろげたり、放置していた息子と娘のメンテナンスをして(やはり必要だった、うちの子たち;;)、あっという間。「しやがれ」をみる余裕もなくダウンしてしまいました。

     *

    今回、お訪ねしたブロガーSさんと、ゆっくりお話してみて、なるほど大野さんファンって言うのは、似た道筋を辿って病を得るんだな、と。
    ひとりでも、あれこれ考えるけど、お話しするうちに「やはりここか!」というツボに思いあたったり、充実したひとときでした。
    ほんと、尽きない。
    クセになりそうな、楽しい2日間でした♪

    テーマ : 大野智
    ジャンル : アイドル・芸能

    カレンダー

    10 | 2011/11 | 12
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    プロフィール

    村崎

    Author:村崎
    こちらは、大野智さん溺愛ブログとなっています。

    管理人は兼業主婦暦26年。
    2010年5月、ライブDVDと某管のダンス映像を入り口に、突然大野智さんの深みにはまりました。
    嵐暦6年の初心者です。

    北の地で4人家族ですが、長男が独立して、亭主は単身赴任中。
    大学生の娘は小学校の頃から、二宮君ひとすじ。
    娘は2008年、私は2010年に嵐コンサートを初体験しました。

    最新記事

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    カテゴリ分類作業、続行中です。

    最新コメント

    QRコードはこちら♪

    QR