題7話「狐火の家」…もう7話か~~。

    原作ファンの中で評価の高い「狐火の家」。
    原作を読まずにご覧になった方には、不自然ではなかったのかな。

    今回、原作とは大きく違うところがあるんですよね。
    それは「榎本がなぜ、自ら犯人を糾弾したのか」。
    原作の榎本さんは事件の途中でいったん身を引いたものの、巻き添えで犠牲者がでる展開を知り、「見過ごすべきでなかった」という強い思いで、再び、青砥さんと共に犯人が待つ現場に向かいます。
    そこから、小説の形式も犯人の叙述に代わって、息詰るような怖さを感じました。

    今回の脚本は、そのあたりをばっさり切って、古典的な解決シーンになっています。
    密室にしか興味がないという榎本さんが、地方に出向いてまで犯人を糾弾する。そこが不思議と言えば不思議。
    別に「密室ではなかった」という事実にこだわりがあったとは思えないし(笑)
    友人や青砥さんからの強い要請があったのか。
    あるいは、突き止めた真実に、理屈ではなく突き動かされてしまったのか。

    「この密室は破れません」と言った時点では、真の動機にまでは、まさか思い至らなかったと思うのだけど。それが結果として、あのお父さんに長い苦しみを吐き出させる事になったのだとしたら、皮肉。
    あの慟哭の後に、ほんの小さな光でも、この世に生きる光を見いだせたらいいなと願います。
    そうそう。
    そして、この脚本ではとばっちりで亡くなる人が出なくてよかったよ(笑)


      *


    そして、アタシは自分を忘れてはいけない(笑)
    いわゆる「ドラマウォッチャー」じゃありませんから~♪ある意味、どうでもいい事なのよ♪♪そんなこと♪♪



    榎本さんが、榎本さんで、榎本さん過ぎて、もうたまりませんっっっっっ!!!
    榎本さん、好きすぎる~~~~!!!


    今回、導入のシーンでがっつりやられました!
    大野さんの語り口、3人が動く呼吸、なにもかも極上。引き込まれるって、こういう事ですか!!??こんな気分初めて!!
    窓の外に狐火がゆらゆらと上がって、その気配に振り向く時、ぐううっと榎本さんと芹沢さんの二人の間に視線を持って行かれる。そして、絶妙の間の後「さて、…今のは…?」
    ………。
    ぞぞぞぞ~~って。背中が硬直してしまった。
    語り部大野さんが、凄すぎる!!!

     *

    今回は可愛い榎本さんと、怖くて薄気味悪い(失礼)榎本さん…と盛り沢山すぎて、どこから手をつけていいのやら、見当もつきません♪♪♪

     *


    「榎本さんと札束?」
    榎本さんって、例の調書の中で「日本有数のコレクター」って書かれていた通りの休日を過ごしているんですね。どこからとも知らないけど、珍しい古錠の情報が入って、地方まで出かけて行って、ちゃんと交渉してくる。あの倉庫部屋って、もしかしたらマニアの方が集まってくる場所なんでしょうか♪♪(いいね~~榎本KEY倶楽部♪♪)
    榎本さんの交渉術とか、ちょっと見てみたい気がする♪♪値段の駆け引きなんて、できるんでしょうか~~♪♪売り手も、あの形で玄関先に立たれたら、えげつない商売なんて、できないだろうな~~♪♪
    ちなみに、あの大きなトランクって、お仕事用??交渉先で、あのお仕事トランクを開くって、いったいどんな場面なんでしょう♪♪中に札束だったら、驚いちゃうな(笑)


    「榎本さんとルンバ♪」
    公式ブログでも綴られていましたけど、明るい日差しの中の榎本さん、きれいだなあ。
    なんだか透き通るようです♪♪
    それも都会的。大野さんじゃなくて、榎本さんなんだって、こんな事でも感じる。
    なんか、立ち姿が充電中の「ルンバ」に見えた(笑)
    うううん。働く姿も似てるかも~~(大笑)

    バス停にちょんと座って、青砥さんとのやり取りの後、さらに何時間待ったんでしょう♪♪

    青砥さん!!!
    「長野」イコール「そこにいてください」って、ざっくりすぎます~~。
    「北海道にいます」「そこにいてください」って、もしそれが襟裳岬だったらどうするよ、って話です♪♪
    しかし、そこは奇跡の二人だし(笑)
    ちゃんと、榎本さんが錠のお手入れに没頭する前に、会えちゃうんですね♪
    榎本さんの、なんとも間の抜けた表情からオープニングに突入するって、可笑しすぎる♪♪
    こ…こ…これは、かの有名な「昼行灯」!!!????
    太秦に呼んで~~~!!



    「榎本さんと『その気』」
    お天道様の下で、あんなに綺麗で、不思議な動きで、充電中ルンバに見えちゃう榎本さん。
    宿を提供してくれた家族との夕食は、とってもいい子で、良家の出を思わせる品の良さなのに。
    芹沢さんとネットでつながってる間は、「オタク」全開なのに。
    リンゴの木の下で、汚れた手を農家のマダムに拭ってもらうお坊ちゃまなのに。
    (してもらうの、慣れてる感満々って!!どうしてくれます!!??)


    それなのに、日が暮れた西野家の居間で、目の前に青砥さん置いておいて、あの黒さは一体なんでしょうか!!
    ただ座って、お茶を飲んで、湯呑をゆっくり動かしているだけなのに、空気が怖い;;
    怖いよ~怖いよ~怖いよ~;;
    黒いよ~黒いよ~黒いよ~;;

    おまけに、笑ったよね!!??
    榎本さん、笑ったよね!!??
    廊下の隅っこでしゃがみこんで、ビビりまくってる青砥さんを、笑ったよね!!?

    ここで、青砥さんをビビらせて落とすつもりか!?
    月9枠につき、確かにこの件に関しては、どんな進展があっても文句は出てこない(はず)
    それなのに、榎本さん…。
    妙齢の女性に正面から「トイレですか?」…て(笑)
    その気が、あるのかないのか…謎。

    しかし、敷居を挟んで離してあるとはいえ、続きの部屋に布団が二組ですからね。
    画面越しに芹沢さんの目にも入ってるでしょうよ。
    入ったうえで「二人で盛り上がって」発言なわけね♪♪
    こうなると、次の朝、倉庫部屋で議論をする3人のうち、マグカップを出されているのが芹沢さんだけってのが、妙に…(笑)

    あら。この一角だけ文章が長い。
    いやだわ。アタシったら、はしたない(笑)
    「盤端の迷宮」の榎本さんは、いかにも晩生そうだったけど…二人とも大人ですからね。夕べの榎本さんは、あっさりモノにしちゃうような気がする♪
    それも、黙ってても女性が落ちるような気がする。
    で、「すみません」とか…つぶやきそうな気がする。(きゃー♪)

    青砥さ~ん、青砥さ~ん!!!
    気がついて~~!!!
    あなたの横にいる男性は、あなたの事きっと大事にしてくれる万福招来な掘り出し物なんです~~♪

     *


    榎本さんのお泊りで、自分、こんなに盛り上がるとは…(笑)
    月9恋愛モードに入らず、榎本さん晩生モードだとしても、いろいろあるのよ。
    例えば?
    あの晩御飯の席、画面で渡されたご飯はおかわり何杯目なのか?
    (1杯目じゃないと思うんだ~)最近、箸を返すのは流行らないのか、逆にダメなんだっけ?あの家はとり箸を使わないのか。青砥さんと榎本さんは、そのあたり気にしないのか?
    榎本さんはゲットした古錠をどこに置いて寝るのか?枕元か?いっしょに寝るのか?(←変;;)榎本さんは今回、お泊りセット持参なのか?(持参だよね。アウター着替えてるもんね)榎本さんはどこまで脱いで寝るのか?パジャマも持参か?榎本さんと青砥さん、お風呂を勧められたらどっちが先に使うのか?あの部屋、寝るときは襖を立てるのか?続き部屋なら榎本さんと青砥さん、どっちが明かりを消すのか?ふつう、男性が先に横になって女性に後を譲るような気がするけど、榎本さん、そのあたりわかっているのか?その際、青砥さんはメガネをはずした榎本さんの寝顔を見るのか??寝る時もイヤホン入れてたらどうしよう(笑)朝、目が覚めたら、どっちが先に布団を出るのか?榎本さんの寝覚めはいいのか?(絶対いいと思う。でも、寝ざめ悪くても可愛いと思う。でも、直角で起き上ったら可愛いと思う。)たぶん寝相が悪い青砥さんを目撃して、榎本さんはまたそーーっと布団に入って寝たふりをするのか?問答無用で身支度を始めてしまうのか?
    次の朝、並んで二人が並んで歩く橋は、何と何を繋ぐんだろう??渡って二人は何か変わったのか?「お待たせしました」って、榎本さんロフトから降りてくる雰囲気が、新居の世帯主♪
    「密室破れません」宣言の後、青砥さん、かなり榎本さんに食い下がったんだろうな。
    どうやって長野まで引っ張り出したのか、聞いてみたい。ちなみに、榎本さん、休暇を取っての長野行きだろうか。などなど…。
    あああ。勝手にクタクタ(笑)


     *


    「榎本さんとお仕事♪」
    今回は、休暇中の榎本さんですが…会社に戻ってくると、ちゃんと社内情報を集めたり、偉いな~~。「やはり通報したのはウチの警備員のようです」…「ウチ」!!「うちの」!!!!きゃー♪♪「家内」じゃないけど、限りなく近い♪
    やーん。榎本さん、グループ総帥(どっかで聞いた響き)の御曹司だったらどうしよう♪
    それに、警報で駆け付けたスタッフさんは、鍵を開けられないのね~~。警察に問われて「すみません。担当者が今日は休暇を取っておりまして…」とか、冷汗かきつつ説明してたらどうしよう。警官バール持ち込みですもの。榎本さん、詰めててくださらなくちゃ~。

     *

    ううう。なんだか、きりがありません。
    休憩しよう~~。

     *

    今日の子どものお弁当は、わくわく学校で相葉君が作っていたポークチャップ♪♪
    リンゴジュースを多めに入れて、甘く仕上げました。最近はやりの塩麹にお肉を漬けたので、とってもやわらか♪♪ケチャップ好きの娘が泣いて喜ぶお味です。

    日曜日には、羽根つき餃子も作ったの。
    「羽根つき」って初めて試したんです。楽しかったわ~~♪

     *

    さかのぼるうちに思い出した。
    相葉君の三毛猫。…ちょっと大変だな~~と思いながら見て、最後に三毛猫の写真。
    …すみません。やはり、榎本さんの写真ほど、どきどきしないわ(当たり前~~)


    テーマ : 大野智
    ジャンル : アイドル・芸能

    カレンダー

    04 | 2012/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    プロフィール

    村崎

    Author:村崎
    こちらは、大野智さん溺愛ブログとなっています。

    管理人は兼業主婦暦26年。
    2010年5月、ライブDVDと某管のダンス映像を入り口に、突然大野智さんの深みにはまりました。
    嵐暦6年の初心者です。

    北の地で4人家族ですが、長男が独立して、亭主は単身赴任中。
    大学生の娘は小学校の頃から、二宮君ひとすじ。
    娘は2008年、私は2010年に嵐コンサートを初体験しました。

    最新記事

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    カテゴリ分類作業、続行中です。

    最新コメント

    QRコードはこちら♪

    QR