若冲第4夜:過去日記

    若冲第4夜。
    …終わってしまった;;
    ほんとにいい番組だった。
    こんな番組を大野さんの案内で見ることができたなんて、なんて幸せだったんだろう。

    あのね。
    大野さんのことはちょっと横に置いて(あっごめんなさいっ)
    その前に、あの鹿苑寺を…。
    昨日の予告から、変な予感はしていたの。
    あれは、あの月は、見て、絶対に変になりそうって。
    …なったわ。
    なんてすばらしいんだろう。なんて妖しいんだろう。
    やはり、夜景だったんだ;;;
    葡萄も、芭蕉も、夜の鳥も、這う花も。
    全て月夜の絵だったんだ;;

    月夜の金閣は美しいでしょう。

    そうなのよ。私、月光写真集『月光浴』を思っていたのよ。


    その著者の写真家石川さんが出演なさって、仰天した。この方の写真は素晴らしいの。
    11年前、大好きな月城さんのお話を書きだそうと思った時に、この人の写真がものすごい刺激になったの。うん。
    素晴らしいんだ…。機会がございましたら、みなさまもぜひ。

     *

    若冲晩年の作品には、涙が止まらなかった。
    老いた眼と指先に往時の精密さはなくて、金箔が痛々しい。そして、そのふすま裏に丁寧に描かれた蓮の悲しくて美しいこと。彼岸を思わせる川の風景を経て、あのクジラと象のおおらかな愛らしさ。
    若冲は、年老いて朽ちていく自分にも、等しく愛情を注いでいたんだと思う。決して老いることを否定していない。

    最終回にふさわしい内容でした。

    いつか、かならず、若冲を見に行こう。色彩画もみたいけれど、水墨を。

    …って、GW中、公開しているんですね!?水墨画!!
    亭主と行くのGW明けなのにーーーっ!!!

     *

    わーい♪
    また、細見館長がご登場♪
    ふふ。なんか好きだわ。
    きっと大野さんの事、いい子だと思っているよね。
    うれしそうに案内して、説明してくれるから好き♪

     *

    大野さんの事、書きたいけど、なんか今日はもう無理。
    興奮しすぎた;;

    ペタンと正座して、両手で口もとを押さえて笑っちゃうのがね。あれはなんて言ったらいいのか~~。娘にまで「可愛い」とか「なんで、ちょこんとしてるんだろうね」とか、いいだけ言われています♪

    *  *  *  *  *

    VSも嵐ちゃんも、今夜はおまけ。
    かの堀北さんを迎えながら、大野さんの「VIP」ぷりが大好きだった(笑)
    二宮君、うれしそうだし♪ゲストさん、居心地悪かったんじゃなかろうか(苦笑)自分は本当にお客様??って。
    ふふ。

    4日がんばりすぎて、なんかふらふらです。
    おやすみなさい~~。

    テーマ : 大野智
    ジャンル : アイドル・芸能

    カレンダー

    03 | 2011/04 | 05
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    プロフィール

    村崎

    Author:村崎
    こちらは、大野智さん溺愛ブログとなっています。

    管理人は兼業主婦暦28年。
    2010年5月、ライブDVDと某管のダンス映像を入り口に、突然大野智さんの深みにはまりました。
    嵐暦8年の初心者です。

    北の地で4人家族ですが、長男が独立して、亭主は単身赴任中。
    大学生の娘は小学校の頃から、二宮君ひとすじ。
    娘は2008年、私は2010年に嵐コンサートを初体験しました。

    最新記事

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    カテゴリ分類作業、続行中です。

    最新コメント

    QRコードはこちら♪

    QR