まだ続く「two」♪すみません;;そして、続きのアルバム曲も。

    我ながらしつこいんですけど(^^;)
    ザ・テレビジョンzoom!…が、とっても面白かったの!!
    真正面から音楽の事を取り上げてくれると、うれしいですね♪♪
    5人の音楽的な生い立ちとか…興味深かった。松本君の「歌謡曲」っていうのが、めっちゃうなずけたし(笑)。嵐musicにおける、櫻井君の存在感を改めて認識もした。

    そして、再び「two」♪♪

    大野さんの歌う「two」を聴きながらスペクトログラムの、激しい(笑)声紋を眺めていると、ちょっと妖しい気分になってしまいます♪♪

    よくよく見たら、あの画面。他メンさんのように罫線が入っていないし…同じ縮尺のものではないのでしょうか。ビブラートがかかっている部分を抜き出してアップにしてるような気がするんですが。どうだろう??

    だって、そうじゃないと…画面の下から上まで低周波から高周波まで、大変なことになっているような…;;
    まさか、あの大サビのビブラートというか、コブシの部分だったら、それはもう大変な事になってます(笑)

    ちょっと調べてみたら、松本君の欄にあった「雑音」っていうのは、水平に走っている横紋に現れるのだそうですね。水平の文様が綺麗な声は滑らかな声ってことかなあ。例えば、二宮君の、とか♪
    グラフ全体を見たら、きっと大野さんのも綺麗なんだろうな~~♪

    そして、とにかく画面から伝わるパワーが半端ない♪♪
    声の豊かさや張りが、びしばし伝わる♪♪
    「倍音」も出まくってるって事でしょうっ♪♪
    胸から喉から鼻から頭まで、全身で共振しちゃってあのお声なわけね??
    大野智は全身が楽器なのね??
    (う~♪萩尾氏の「銀の三角」とか「海のアリア」とか思い出す同好の方、お手を~♪)

    妖しい気分のアタシには、画面の濡れ濡れ感が、本当にたまらないんですけど♪
    大野さんが「熱く歌」うと、全身全霊、こんなに濡れ濡れになるのね!!??
    …そして、さらにたまらないのが、これが「お仕事」ってことよ(笑)
    硬質でなおかつ艶艶な表現は、「お仕事」♪♪
    出番が終わったら、すぐ松本君の後ろに隠れるくせに~~!!
    おにぎり、ほっぺに頬張るくせに~~!!
    ぶーぶークッションなくせに~~~!!
    大野さんは、これだからッッッ!!!



     *

    たっぷり「two」で翻弄されて、「waiting for you」を聴いたときは、心底ほっとしました♪♪安全地帯だわ♪♪
    長い艶夢に溺れた後に、目が覚めたら、いつもの笑顔の彼♪
    夕べのアレ(!)は、いったい何?…でもないけど(笑)
    そんな感じですよ。
    さわやかさに気持ち洗われるうちに、1曲終わっているの(^^;)
    すみません;;

     *

    「楽園」は、選択科目外。
    でも、びっくりした。「楽園」ってタイトル聞いて、南の青い空とスチールドラムの響き~~みたいな、のどかさを勝手にイメージしちゃったから。最初アタフタした(笑)

     *

    「旅は続くよ」は♪♪大好き♪♪
    前のエントリーでも触れましたが、この曲、大好き♪♪
    ミュージカル的な情景は浮かぶし。
    「最果てまで」「ガラクタ」「肩を組んで」「奴がいりゃ」erc.etc.…明るいのに、どこか哀愁が漂う歌詞ですね♪暗転のラップも素敵♪♪
    今回は、この曲と最後の「Up to you」がワタシ的なほろり曲です♪♪
    ふふふ。楽しそうにシュッシュッポッポな嵐さんが浮かんでくるのですが、口笛のエンディング…いつの間にか連結が外れてて、慌ててあとから追っかけるのは、相葉君だと思います~~♪♪可愛い~~♪

     *

    「それはやっぱり君でした」
    …二宮君ソロ…イントロで、たちまちぐっときてしまった。
    言うまでもなく、娘は号泣です。私も、ご飯を用意するくだりが来ると、うるうるっとなる。タイトルも素敵で、嵐さんって、こんなタイトルがもっと増えてもいいのになあ。
    日本語のタイトル、好きだもの。

     *

    迷宮ラブソングからYourEyes…そして、櫻井君ソロ。
    今回、櫻井君のソロが意外な感じだったの。ファンの方には、こういう方が受け入れやすいのかしら??前回の、落ち着いてて明るい幸せソングが大好きだったから、勝手にイメージ作ってしまってたわ(^^;)
    次に控える「cosmos」と、イメージがかぶってしまうのはどうしてかな。アレンジ?
    そこが、ちょっとだけもったいない気がしました。

    育ちも見栄えもいい男子の週末♪♪
    「つるむ」っていう言葉を今回櫻井君が使いましたが、確かに櫻井君イメージだなあ♪
    松本君の交友関係について話すのを聞いても、あまり「つるむ」って言葉が浮かばない。
    大学の延長みたいなバンカラ感が、やっぱり櫻井君なんですね♪♪

     *

    「cosmos」は…。
    最近、ようやく慣れてきた(笑)
    初めて聞いたとき、正直にいうと「らしくないなあ」って思ったの。
    嵐さんと「ワールドワイド」って、自分の中でかみ合ってなくて。でも、慣れた♪
    嵐ボイスは、ワールドワイドな歌にも似合う、風のようなさわやかさ♪♪
    …unicefとか…嵐さんの曲を使うと…きっと日本支部の募金額がはね上がると思うわ~。
    この曲、櫻井君のラップが、すごーーーく素敵だった。
    前回の大野さんソロイントロと似たイメージ♪♪
    夢見るような、曙光が朝靄をバラ色に染めるような、本当に美しい言葉の響きだと思ったの。ラップ使いはたくさんいるけど…櫻井君の飛び抜けているのは、こんなロマンティックな詞が似合っちゃうところだなあ~~♪
    王子様~~~~♪♪

     *
    「cosmos」「証」…と、クライマックスにふさわしい広がりを持った曲を並べておいて、…嵐さん達ってば…。地平線に向けていた視線を、こちらに向けて、最後に「ファンの子」みんなへ手を差し出してくれたんですね。
    耳を傾ける全ての「ファンの子」に。
    「大丈夫」「ずっとここにいるから」って。
    ふふふ。まるでディズニーランドみたいな人達よね。
    どんな時でも、変わらない笑顔で待っていてくれる。
    心のどこかでキラキラしていて、励ましや慰めになってくれる。
    そんな風に思えて、こんなに楽しい曲なのに、思わず涙がこみ上げてしまった。

    このアルバムの中から、今後のコンサート定番曲は生まれるのかなあ。
    生まれるとしたら、このup to youかしら…と、思ったり。


     *

    アルバムPopcorn。初週売上、70.1万枚とか。パチパチパチ♪♪
    待ちに待った♪って、きっとこんな感じなんですね~~♪



     

    テーマ : 大野智
    ジャンル : アイドル・芸能

    カレンダー

    10 | 2012/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    プロフィール

    村崎

    Author:村崎
    こちらは、大野智さん溺愛ブログとなっています。

    管理人は兼業主婦暦28年。
    2010年5月、ライブDVDと某管のダンス映像を入り口に、突然大野智さんの深みにはまりました。
    嵐暦8年の初心者です。

    北の地で4人家族ですが、長男が独立して、亭主は単身赴任中。
    大学生の娘は小学校の頃から、二宮君ひとすじ。
    娘は2008年、私は2010年に嵐コンサートを初体験しました。

    最新記事

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    カテゴリ分類作業、続行中です。

    最新コメント

    QRコードはこちら♪

    QR