Nコン80。子どもさんも嵐さんも素敵な歌声でした♪

    台風が近づいていますね。みなさま、どうぞお大事ありませんように。
    北海道も水曜日の午後から大荒れになるとか…。困ったなあ。夕方、娘の診察がある日なのに。
    3連休は仕事と風邪と風除室の断熱工事。そしてかなり切羽詰まった実兄ゴト。
    …そんなことはさておき。

     *


    超!楽しみにしていた土曜日の「しやがれ」はゲストに玉置さん。
    大野さんのお鍋プレゼンが見られて、…ふふふ♪予習ゼロを隠さない新人店長と、黙っていない他メンのガヤガヤが楽しい♪♪
    みなさんに励まされつつお勉強中なんですね♪♪
    青いエプロンがカフカフでしたね~♪


    「しやがれ」でゆっくりお話を聞いて、自分の中で好感度がぐっと上がるゲストさんも多いのですが、玉置さんは残念ながら…;;;
    なぜなんでしょうね~~。
    ナリはこだわりのアーティスト…なんだけど…どうしてもバブリーな印象が拭えず(^_^;)
    あんな場所で夫婦のキスを見せられても困るし、嵐さんが食べるのにかまけてスルーしてくれて本当によかった。娘には「お母さん…顔が険しい」と言われたわ…(^_^;)

    一番共感したのは、トークの締めくくりで玉置さん自身が言った「自分が言っても説得力ないけど」。
    深く深くうなずいてしまいました。


    でも食べ物に罪はないし、…日曜日にさっそくジンギスカンをしました。味付きラムじゃなくて、生のラム肉で。
    …ちなみに、うちは成吉思汗鍋は持っていません。昔々、子供の頃は家にありましたが、鉄製だからお手入れが本当に大変そうだったし…小さなプロパンガスの上で使っていたかな…ものすごい煙で、今の家では、とても無理~~。
    ホットプレートという便利なものがあるし、すでに、北海道の一般家庭では成吉思汗鍋は絶滅したもの、と思っているんですけど…どうなんでしょう??


     *


    Nコン80小学校の部。
    全国大会が終わりましたね。どの学校も本当に素晴らしい歌声でした♪♪
    それにしても、各ブロックの参加数があまりにもアンバランスで驚きました。関東甲信越と北海道。10倍近い格差が…;;これ、選挙だったら最高裁で違憲判決が出そうです。参加数の多い地域にもっと配慮してあげないと、子ども達がかわいそうに思えます。


    ステージで歌う嵐さんには…感無量だったなあ……。
    大野さんの歌声の優しさにほろりときた♪ふわっとしたビブラートに「もうちょっと聞きたい~!!」って渇望!!

    子供たちを前にした、5人の落ち着いた立ち姿も本当に素敵だったなあ。
    白とシルバーグレーのコーディネートが、ほどよいおしゃれ感とフォーマル感。嵐さんって、本当にこういう場がお似合いです。
    大野さんはまさかの榎本さんビジュアルを保持!!奇跡!!それに、程よくルーズなタートルネックとジャケット♪♪
    Dear Snow、Calling、迷宮ラブソング、サトシーラ王子…大野さんのタートルネックはいつも「マダム」な空気が立ち上りますわね~。Callingのタートルはちょっと苦手だったけど、今回のは上質ないい感じ。


    …で、智友さんの名言♪…曰く「手に汗握る」(^_^;)大野さんのコメントの数々。
    いや、確かに。私も祈るような気持ちでしたわ♪
    相手はNHKのベテランアナウンサー。周りには櫻井君も二宮君もいる。
    大丈夫!!…って思いつつ;;
    真剣に「あんまり何回も大野さんに振らないで;;そんなにバリエーションはないはずなんです;;;」と考えていました;;←失礼すぎる。

    半分覚悟していたのに、日焼けもしていなくて髪も無事(笑)…奇跡のビジュアルを楽しみたい…だけど、コメントが心配;;;いや、でも大丈夫;;早く歌って;;etc.
    …生放送ならではのハラハラ感をたっぷり楽しませてもらいました;;

     *

    「ふるさと」は2010年の初披露から…今年の紅白で一区切りになるのかしら。まさか、こんな長い物語になるなんて、夢にも思いませんでした。
    今年、NHKの嵐旅番組はなさそうですけど…また企画してほしいな。そして「ふるさと」が歌い続けられたら素晴らしいと思うの♪


     *


    そうそう。

    土曜日の「王様のブランチ」をご覧になった方、いらっしゃいます??
    あのブックレビューで、バビーンと目が覚めた方、いらっしゃませんか?私は、ちょっと血迷った(笑)

    何かと言えば、万城目学氏の「とっぴんぱらりの風太郎」。
    「ふうたろう」じゃないの「ぷうたろう」なの。戦国時代の終焉。主人公は需要が減って忍びの里を追い出された「ニート忍者」ですって(笑)
    それが、物語の最終盤、帯のうたい文句によれば「その時、1人対10万人 めざすは大阪城」ですからね。ちょっと血迷った。

    だって、大野さんとは「はじめの一歩」でご縁のあった作家さんだし。大野さんの「プーシリーズ」とか「ふうすけ」とか「ラ・トルメンタ」の「♪この仕事してなきゃプータロウ♪」とか…いろいろ頭の中で錯綜して、バビーンときちゃった(^_^;)
    で、そのまま本屋に直行して1冊買い求めてきました。第6位ですって。
    厚さ4センチもありましたよ…;;;


    で、土日かけて読み終わり、…結果的には…失敗したかな(^_^;)

    いや。作品として失敗とかじゃなくて。
    自分がやはり戦国物は苦手だったって話。

    合戦の描写も恐ろしいし…戦争に巻き込まれてひどい目に合うのはやっぱり弱い立場の庶民だもん。とてもじゃないけど「面白い」って言えない;;
    主人公を「大野智」で読めるかな~~って思て、ぴったりはまるところもあったんだけど…、たくさん人が死に過ぎです;;
    自分はやはり長閑な「捕り物帳」あたりがちょうどいいみたい(^_^;)


    テーマ : 大野智
    ジャンル : アイドル・芸能

    カレンダー

    09 | 2013/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    プロフィール

    村崎

    Author:村崎
    こちらは、大野智さん溺愛ブログとなっています。

    管理人は兼業主婦暦28年。
    2010年5月、ライブDVDと某管のダンス映像を入り口に、突然大野智さんの深みにはまりました。
    嵐暦8年の初心者です。

    北の地で4人家族ですが、長男が独立して、亭主は単身赴任中。
    大学生の娘は小学校の頃から、二宮君ひとすじ。
    娘は2008年、私は2010年に嵐コンサートを初体験しました。

    最新記事

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    カテゴリ分類作業、続行中です。

    最新コメント

    QRコードはこちら♪

    QR